債務整理と奈良

債務整理の一つである民事再生について

借金返済で返済がピンチだという場合には、専門家の所に行って債務整理を行いましょう。債務整理にはいくらかの方法が含まれますが、その中でもかなりピンチだという時には民事再生が行われる事もあります。

他にも返済状況がかなり緊迫している時には自己破産という方法が取られる事もあります。しかし、この自己破産は自分の所有する財産も失ってしまいます。そこで、どうしても維持したい財産がある場合に、民事再生という方法を利用する事もあります。これは裁判所で借金の返済額をかなり少なくしてもらうという事です。

しかし、どんなケースでも民事再生を選択できるという分けではなく、条件が定められており、この条件を満たしている必要があります。安定した収入が必要であったり、借金の金額が決められている事もあります。

借金問題に関するプロにお願いしなくても自分で過払い請求を行う事は物理的には可能です。自分で行う場合には、過払い金の計算を行わなくてはいけませんがその際には自分で行う必要があります。

単純な計算ではなく、複雑になる場合があります。特に多重債務となっている人は更に複雑になる傾向があります。また、裁判所に直接足を運ぶ必要があり、裁判所が開いている平日に訪問する必要があります。

金融機関と過払い請求の交渉は自分で行う事になります。金融機関は過払い請求に関する交渉に慣れていますし、法律の知識も豊富です。ですので、一般の人が交渉を行うのは難しいケースもあります。